宮乃

アクセスカウンタ

zoom RSS 処女膜再生

<<   作成日時 : 2006/01/20 01:41   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

嫁入り前の娘が純潔を失う意味は理解できるが、米国で処女膜再生術を受けるのは、嫁入り前
の若い女性だけではなく、50代女性などもいるという。

抜粋
「テキサス州サンアントニオで医療助手をしている40歳の既婚女性、ジャネット・ヤーボロー
さんは、結婚17周年を迎えるにあたって、夫のために何か特別なイベントを企画しようと
考えた。夫と共に再び“貫通の瞬間”を体験するために、彼女は処女膜再生術を受けること
に決めた。
再びバージンに戻るためのコストは5000ドルもかかったが、彼女は誇らしげにこう言う。
「(夫のように)何もかも手にした男にとって、これは究極の贈り物になると思いますわ」」

う、うーーーーーーーーーん(−”−;

妻に処女膜を再生して欲しい夫ってどれくらいいるのだろうか?
処女膜を再生したからって、処女になるわけじゃあるまいし、「夫と再び貫通の瞬間を体験するために」って!

わっはっはっはっはっはっはっはっは!!

すみませーん、すっごーい夜中なのに腹を抱えて笑ってしまいました。

理由を書く前に、処女膜の基礎知識を。
詳しい事は下記に譲りますが、メスに処女膜があるのは哺乳類では人間とモグラだけだそうです。存在意義不明、まれに膜が厚すぎて男性のペニスでは敗れない処女もいるそうですが、大抵は真ん中が空いていて、だからこそ月経血がちゃんと排出されるわけです。
下記には鏡で見てみましょうとあるけど、そんな手前にあるんだっけ?
あったとしても、処女がそんなとこ開いて見れるわけがないと思う(タンポン入れるのも一苦労なほど痛いのに)
http://hugo-sb.way-nifty.com/hugo_sb/2005/06/post_eb15.html

というわけで、処女でない皆さんに伺います。
初めての時、カレと一緒に貫通感を味わいましたか(爆)?

すみません、笑いに耐えられません、私。
友人には全く出血しなかった人もいましたし、私のカレは出血したのを見て初めて
「本当にそうだったんだ」
と感動していましたから
「おぉ、俺は今処女膜を破っているぜ」って感覚はなかったはずです。

ただ、夫と一緒に貫通感を!という部分から想像するに、再生手術で再生するものは、鼓膜みたいに張らせる事のようですね。だとしたら閉経後が良いのでしょうか。

しかし、どうやって貫通感を楽しむのだろうか。
入れた瞬間「Ohhhhhhhhhhhhhhhh I'm comminnnnng!!!」
ってそんな薄いもんが破れて気持ちいいわけないだろ。

それとも、プツン!とか音がするほど楽しめる厚さに作ってくれるのだろうか?

しかし、冷静に考えて、膜が破れる貫通感とやらが気持ちいいことなのでしょうか?

出産を経験した方はご存知だと思いますが、「破水」は羊水の膜が破れ、赤ちゃんが出てくる準備が進んできた証拠なのですが、あれはラップがブツっとはじけた様に、結構インパクトのある音と感触があります。出産という喜びに向かう営みであってさえも、この手の音って、少しの怖さを伴い、気持ちいいものじゃない。2回経験したけど・・・お産が近づく喜びではあっても、あの感触がイイ!のかしらん?だとしたらマゾ夫婦なのでしょうか?

それに、そんな音がして破れるとしたら膣本体に傷がつきそうで恐ろしい。
しかも値段が5000ドル。

妻に処女膜をプレゼントされた男性の意見が、聞きたい。

http://rate.livedoor.biz/archives/50140416.html

↓セックスって技術より心。心の豊かな懐の大きい男が気持ちいい。
女が求めるHの本音―彼女の心と体を思い通りに操る法
女が求めるHの本音―彼女の心と体を思い通りに操る法 (〈ムック〉の本)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。記事内容が同じものを扱っている部分を感じましたのでトラックバックさせていただきました^^
突然で失礼ですがよろしければ貴サイトのアクセスアップに貢献させてください。よろしくお願いします。
五郎の嫁ちゃん^^
2006/03/02 14:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
処女膜再生 宮乃/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる