宮乃

アクセスカウンタ

zoom RSS 前世を観る?〜ヒプノセラピー

<<   作成日時 : 2007/04/22 00:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

スピリチュアルな分野が盛り返してきた昨今ですが、そのブームのちょっと手前の頃、妙に「自分の前世」とやらを見てみたい!!という欲求に駆られました。

実際に誰かに観て貰ったところで、それが事実かどうかは、出てきた言葉から具体的な土地名や人名等々をメモして調べていかないと、実際に本当にあった誰かの人生(それが自分の前世かの確証はない)かどうかは分からないわけですし・・・
前世が見られる人のいう事を丸ごと信じるだけなのも、なんだか芸がないし・・・
うーん、観たところであまり参考にならないかも。という事で諦めてはいたのですが。

今思えば、自分の中にある要素を、とてもとても整理したかった時期、なのだと思います。

そんな時、「ワイス博士の前世療法」という本に出逢いました。

これは、安全なことは確認できているとかでTV番組でもやってみて確認されたとか何とか?(TVの言う事に信憑性はないけれども)ひとまず外国ではヒプノセラピー(催眠療法)は、普通に行われているようなので、知り合いのセラピストに「ワイス博士」のはどうか?と聞いてみました。

その前に、ヒプノセラピー(催眠療法)とは何でしょうか?
ユングやフロイトの提唱した深層心理学を根源とし、催眠状態を利用して潜在意識に働きかけ、心理的な問題(=悩み)や心因的な症状を改善する心理療法だそうです。

友人は、このヒプノセラピストなのでした(生業としてる)。
宗教じみてみられることもあるので、彼女は一切、ヒプノを仕事にしている事を他言していませんでした。何の拍子に私がしる事になったのか今でも思い出せませんが、ふと、彼女と私の心のパイプは通じたのです。

そんなわけで、、「ワイス博士の前世療法」は試してもいいか?と聞いてみたところ、安全なものだけど妊娠初期は避けた方が良いとの事。ヒプノは言霊(ことだま)もきちんと扱うのですね。
感じない人には話してもムダだけど、言葉の持つ力、特に発声した音は強い意味をもって働くから侮れません。

ワイス博士の声はとてもリラックスできて、素敵で落ち着くのですが、何しろ「Relax」という言葉が多用されています。Relaxは妊娠初期の妊婦には、流産の意味として働く事があるので、それを聞くのなら私がやってあげる、という事で、ためしにかるーくセッションしてもらう事にしました。

実は、彼女にセッションしてもらう前に、ワイス博士のは2回ほど聞いていたのですが、2回とも途中で寝てしまっていました。彼女いわく「必要がなかったか、触れたくないか・・・どちらかかな?」との事。

必要がなかったのかも・・・でも一度やってみたいので、妊娠初期でも問題のないようにやってもらいました。
結果は・・・前世がはっきりどこの国のどんな人間として生きたのかまでは分かりませんでした。具体的な情報が得られず。

まぁ前世は参考でしかないので、私にとって非常に有意義だったのが、本当の前世かどうかはともかく、前世はそれなりに思うとおりに生き、大勢の人を愛し、人間のどうしようもなさに悲しむ事はあっても受け入れつつ最後まで、巫女?のような仕事をやりきった。
晩年は一人でしたが、孤独ではなく、前向きで納得した人生だったという事。
少なくとも私の潜在意識は非常に前向きであるという事。
どういう場所にいたいかと浮かべると、すぐに緑がいっぱいの小動物が沢山の、太陽がサンサンと照る森のような暖かいほっとする場所が浮かんできて、それはあなたの精神そのもの、5年以内にはそういう精神状態の中に在るはずだとの事です。

今も似たような精神状態ではありますが・・・確かに昔よりはさらに安定してきてはいるような感じがします。

スピリチュアルなものは、証明できないし目に見えないし、どうにでもいえる分野のため、ウサンクササがつきまといます。

しかしながら、私にとって彼女にしてもらったヒプノセラピーは、自らの表層意識ではない潜在意識(本音のホンネの部分)が何を考えているのかを、見る事が出来た点で、自分の価値観の整理に非常に役に立ちました。

そうはいっても、私はいつも潜在意識をきちんと整理して見て、おかしいとか変えたいと思った部分をイメージして自らの精神を変えてしまうので、セッションする必要のない人、だそうです(^^;

確かに、一度やればもう、自分で出来るかな?
ああいう方法ではないけれど・・・

そうそう、まだ妊娠5週の赤ちゃんと(殆ど生き延びられるかどうかも不明確な命)話が出来て楽しかったです。この頃、実はまた少しトラブルがあって流れてしまうかも知れなかったのですが、元気だというメッセージを明確にもらえました。
また、自分は男の子だというメッセージも貰いました。

それ以前に、3人目ともなると、妊娠したかしないかの時期に性別が頭の中にポーンと浮かんできて、あぁあなたは男の子なんだね、なんて語りかけていたので、それがさらに強く補強されて、本当に男の子なの??調べるの、楽しみにしているね、という事にしました。

実際、7ヶ月の頃調べたら、やはり男の子でした。
この感覚が分からない人には「すごい!」といわれたけど・・・結構、お腹の子の性別がつわりの頃ピンと来る人はいるもので
「なんだか分からないけど、分かるんだよね」
と、彼女は、やはり男の子だといいました。彼女も自分の子がお腹にいる時、つわりがひどくなってきた頃、あぁ女だーー、女だーー、と一月ほどつぶやいていました。
なぜ分かるの?と聞いたけど、彼女もそんなことは知らないわけで。

まぁ・・・なんどおなかに語りかけても、女の子がいる感じがないから(具体的にどういう感じというのはないです。胎動も同じだし、吐き気の強さも3人とも、超気持ち悪かったし・・・男だから女だからと違うわけではありません)

ただ、何となく、同じ髪型と格好をして、男の子と女の子が後姿を見せていたと仮定しても、何となく雰囲気でどちらが女の子か、男の子か、分かるでしょう?

そういう感じです。

二人目もつわりの頃、あぁ女の子なのね、ようこそ・・・みたいな感じで分かっていましたが、一人目は分からなかったなぁ。
妊娠とはなんぞや?すら分からない状態で、突然襲ってくる吐き気に「もし、これが病気なら死の病だ・・・」とおもいながら耐えているだけ。赤ちゃんとそんなマメみたいな頃から話しかけることなんて、思いつきもしなかったからだと思います。

そんなわけで、ヒプノは潜在意識が何を考えているのかが、他人の力を借りて観ることが出来るので、自分だけで解決するのとはまた違った面白さがありました。

ワイス博士の前世療法
ワイス博士の前世療法 (瞑想CDブック)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
前世を観る?〜ヒプノセラピー 宮乃/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる