宮乃

アクセスカウンタ

zoom RSS 子育てしにくい社会、女性にも問題がある

<<   作成日時 : 2007/05/15 17:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

うちの夫は、私がたとえば何か勉強したいと言う時、それが通う必要があるときにも、新しい世界に触れることは大賛成、という人。
自分の妻がいつも、古い入れ物の中で同じように何十年をすごすよりも、新しい要素を取り入れ、昨年の妻にはない輝きを放ってくれる可能性があるのなら、そりゃそっちを選ぶだろう。

当然の考え方・・・思っていた。
職場の人たちも、そういう人が多いし、子供が2人だろうが3人いようがテキパキと晩御飯を作り世話をして、どうしようもない時はまた自転車をかっとばして残業しにきたり、という時もあるようだけど、父親である以上、子供の世話は出来て当たり前、な人が一定数いるので、主婦的な会話も、男性と弾んだりする。

(でも、疲れたといって妻の実家に自分の子を丸投げする不届きものもいる。もちろん仕事もいまいちだけど)

さて、話を戻して、
「なかなか、そういうのやって言って良いよと言ってくれるだんなさん、いないよ〜」
と言う。

私より少し上の世代の人なので、確かにその世代はそういう傾向が強いかも知れないね。
感謝しなくちゃいけないね、なんて言っていたのだけど、そういう風に言っている女の側にも、やっぱりこの日本社会の育児のしにくさには原因があるのではないだろうか?

女やもめに花が咲き 
男やもめにウジが湧く

という格言がありますが、男やもめにウジが湧くのは、自分の生活を豊かに維持するスキルを身に付けないまま年をとったからであり、当時はそう解釈されなかったでしょうが、単に「育てそこなってしまった」人だから、生活そのものをまわす事が出来ないために、ウジが湧くのでは・・・?

もしも、この格言の人が、自分の生活を自分で豊かに出来るスキル、たとえばおいしいご飯が作れる、片付けが出来る(一人の人間として当たり前では?)、掃除が出来る(一人の人間として当たり前では?)、という事は、毎日の生活を生き生きと生きるのに最低限必要なことではありませんか?

男女関係無く、家事をさっさとこなし、清潔な家で(男性の方がシンプルな傾向)自分の好きな場を作って生活を楽しんでいる人はたくさんいるのですから、一人暮らしが長ければ、やるしかないのが当たり前です。

やっぱりね、家事とか身の回りの事が出来ないままに男の人をしておいてあげる、男子厨房に入らずみたいな日本の昔のやり方って、その人のためにならないと思うの。だって自分のご飯も作れないなんて、不幸だと思う。

いざというときできるけど、作ってくれる誰かがいるっていうのは幸せ〜な事だし、自分で作る大変さを知ってるからこそ、幸せ☆って感じることが出来る。
出来ないからやってもらうっていうのは、これはもう子供のまま大人に育ててしまったという子育ての失敗作でしかない。

育児というのは、子供が一人で歩いていけるように自立させることである。
それを考えれば、自分が住む家を清潔に保つスキルくらい最低限身に付けさせることでしょう。昔は完全分業であったからやらなくて良かったのかも知れないけど、未だに男の人だと出来ないという先入観を持ったまま、家事も育児も引き受け、夫がもう少し理解があったら・・・と疲れている人を見ると、とても残念に思う。

そもそも、そういう人を選んだ時点で、今の生活は見えていたはずなのだ。

それと、いつも不思議なのだが、私が子供を産む時は産後の一ヶ月くらいは、パパに育児短縮勤務にしてもらって上の子たちの面倒を見てもらう。私のご飯や身の回りの世話は、私の母が担ってくれる、いなければヘルパーを雇う。

しかし、そういう話をすると必ずといっていいほど言われること。
「まぁ、パパ大変ね〜!!」

・・・って、毎日私が一人でやっていることなんですが。。。何か?


ご近所で良く助けていただく奥さんが、自分の夫に私の夫をお産で不在の間手伝ってやってくれと言われたそうだ。
その奥さんいわく
「どうして〜?いつも普段は奥さんが一人でやってることなのにって思った」

そりゃそうだ。
不毛なので、この話は終わり。

これから結婚する女性へ。
くれぐれもこういう意味の分からない会話をする男を選んではいけない。

よーく話し合って、人の言うことに耳を貸さなかったり先入観や固定観念の強い男性は、辞めたほうが良いかと思います。
話がきちんとでき、協力し合えるパートナーとの結婚は、人生を本当に豊かにする。
違う文化の融合。
そして、子供を産むのいやだなぁと思っていたころの自分が、自分のことしか考えられずいかに心が貧しかったかに気づいたり、させてくれるのも結婚というものだと思う。

悪いことばかりじゃない。

悪いことと思うのは、いいモデルが回りにいないだけで、すばらしい可能性を秘めている生活形態だと思うのです。

子供は大変だけど、輝きに満ちているしね!

気のせい?―あなたが恋愛・結婚をしていないのは…
気のせい?―あなたが恋愛・結婚をしていないのは…

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
男と交際しない女は次第に色褪せ、女と交際しない男はあほになる
Las mujeres quien no socializan con los hombres van a deste?irse,Los hombres quien no comunicar con las mujeres van a estar est?pidos.(ラス ムヘーレス キエン ノ ソシアリサン コン ロス オンブレス バン ア デステニールセ、 ロス オンブレス キエン ノ コミュニカール コン ラス ムヘーレス バン ア エ... ...続きを見る
スペイン語 フレーズ集
2007/11/09 13:31
女の行動に理由なんかない、男は理由を求めて恋を失う
No existe ningunas razones de acci?n de las mujeres, los hombres piden el amor por buscando las razones. (ノ エクジステ ニングーナス ラソーネス デ アクシオン デ ラス ムヘーレス ロス オンブレス ピーデン エル アモール ポル ブスカンド ラス ラソーネス) ...続きを見る
スペイン語 フレーズ集
2007/11/10 18:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
子育てしにくい社会、女性にも問題がある 宮乃/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる