宮乃

アクセスカウンタ

zoom RSS 乳児湿疹

<<   作成日時 : 2007/08/05 01:05   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 1 / コメント 0

生まれた時は「こんなにきれいな肌があろうか・・・」とため息をつきつつ、ついつい見とれて一日が終わってしまうような生命力をもった赤ん坊であるが、シャバに出て一ヶ月もすると「乳児湿疹」なるものが出てくる。

赤いブツブツなのであるが、二人目は「冬の乾燥」が引き金だった。最初はカサカサと湿疹の赤いブツブツだったので、単なる乳児湿疹なら自然に治るまで見守ってあげたい、という母(私)の思いもあり、様子を見たが、二週間もすると顔の皮膚は赤ん坊が手を振り回すように掻くと、薄皮がべろっと取れてなくなってしまい、皮膚は体液が出る状態に。

(今思えば、赤ちゃんは汗をかいたり肌の治癒力も含め、まだまだ全部弱いから、適切な薬を使ってひとまず治した後、再発しないようにケアするのがもっとも有用だった)

最初に行った皮膚科では「アンダームや亜鉛華軟膏のミックス」みたいな塗り薬を出されたが、一向に治らない。

ママ友達には「皮膚科は一度行って薬が合わなければ、すぐに変えて合うまで変え続けた方がいい」と助言されたが、お医者様もそれぞれ方針があるし、あまり変えるのも・・・と思って通い続けた。がこれが悪かった。
この医者は「赤ちゃんの肌の状態を読み取ることが苦手」な人だった。大人の皮膚は結構ちゃんと治せるのであるが、次に行った皮膚科医の対応を見て前通っていた皮膚科医が赤ちゃんの肌の何たるかを全く分かっていないことに気づいたのである。

前通っていた皮膚科医は、いつも同じような薬を処方して、塗っても変化がないし掻いてしまうのでまためくれる。というと「親の管理不行き届き」などとのたまったが、私はこれについて全く怒りは湧かなかった(こういう人もいるかなと思っていたので)。
赤ん坊の手の動きなぞ、一瞬たりとも見逃さずに「管理」出来るわけがないと言ったら、エリザベスカラーとかいう、皮膚病の犬とか猫がつける顔が触れなくなるような、ボウルの底に穴を開けて首にかぶるようなものを渡された。彼はこれを研究中なので貸してくれるという。

次の皮膚科医にあって、これがなくても全く問題なく治ることが分かり、単に前の皮膚科医が赤ちゃんの肌を適切に対処する薬を知らない、知識が少ない、というだけのことだったと知ったのである。

あまりにも悪化して、すぐに抗生物質を使わないと危ないだろう?と思うほど顔がドロドロになった二人目を、どこへ連れて行けば最速で治せるか??と悩んだ挙句、ママ友に紹介された皮膚科医のところにワラをもつかむ思いで行って見た。
すると次のような説明があった。

「赤ちゃんの皮膚の状態は数時間で変わります。面倒でしょうが最低でも3日に一度は通って下さい。ここまで悪化してしまうと薬ですぐにふさがっても、またただれたようになってしまうので、そのつど薬を変えてなるべく弱い薬で対応出来る様に、指示していきます」

私はいわれる通りに、皮膚がめくれたらステロイド、ちょっとよくなったらレスタミン、塞がったらアズノール(もっと細かい指示がありましたが割愛します)というように、このサイクルを一年ほど繰り返すうち、1歳を過ぎる頃にはほとんど薬がなくてもすごせるようになり、ヒルドイドという保湿クリームだけで乗り切れるようになっていた。

この2人の皮膚科医の対応を見て、「皮膚科医は一度合わなかったらすぐ変えろ」というママ友の助言が正しいことを2番目の子の湿疹が完治して数年してから実感するのだった。

結局のところ、2人目は皮膚がめくれるところまで悪化させてしまった為に、完治まで一年以上を要したという事を、この子が2歳を過ぎる頃、母は実感したので、3人目は薬で一旦治す、という治療に対し、ほとんど抵抗がなかった。

薬は適切に使う事が必要なのだと、良く分かっていた。
薬を怖れるあまりに、体の抵抗力だけでは治せないところまで悪化させてしまったら、もっと強い薬が必要になるのだ。特に赤ちゃんは、まだまだ機能が完全ではなく、弱いから。

そんなところに三人目の乳児湿疹。これは、夏の暑さによる「汗」が引き金となった。
目の周りとか頬とかに赤いブツブツが出てきてる。そこからは体液のような黄色い汁が出て何とも言えない「匂い」がする。アトピーの子を持つ親なら、すぐに頷いてもらえるあの匂い。まぁくさいものである。
また、この子も悪化したら大変だ!と思って即2人目を治してもらった皮膚科へ。

「この体液みたいなものは膿ではありません。出るものの勢いが強すぎてこうなってしまうので。まだ酷くないので、一度薬を使って治しましょう。その後、必ず一日一回は石鹸を使って洗う事、汗を良くかく日は拭いたりして汗を取り除くこと。というスキンケアだけで行きましょう」

ということで、レスタミンコーチゾンを使いましたが(かゆみ止めとちょっとステロイドが入ってるものらしく、ドロドロになってしまった皮膚に良く効くが、幼児のお母さんは、しみると言っていた。赤ん坊は反応しないので、どの程度酷いのか分からない)

ほーーーんとに、少しばかり塗って、右頬だけ塗って左は塗らないと、明らかに皮膚の状態が違う。塗ったほうはどんどんきれいになっていくのだ。

塗らない方は「じくじく」がひどくなり汁もどんどん出る。

2人目で、行くところまで悪化させてしまった皮膚を完治させることに時間がかかる事を思い知っていたので、さっさとレスタミンを塗ると一週間で良くなった。
この薬も良くなったらすぐやめるように言われているので、使いすぎは良くないのでしょう。

ドクターも、他にもあった症状には薬を出したがらず、まだ小さいからうすーくすこーし、ね。
と前処方した薬を使うように言われました(無用な薬を何度も処方しないところがこの先生の信頼できるところなのです)。

一時的に、薬で抑えても本当に治ったわけじゃないから、どうも母乳に原因があるんじゃないか?とも思い、二人目の時も疑問に思ったが、皮膚の状態が悪すぎて調べる元気もなかったあの頃。
今回は、桶谷式に通った友人の話、ネット、などなどで調べてみると
・肉より魚
・乳製品は200mlくらいを目処に、それ以上は取らない
・甘いものもなるべく食べない
・和食中心で海草。野菜。魚などを沢山
・おなかがすいたらお握りを食べなさい
ということのようである。

乳製品も甘いものも、食べまくってました!!!

効くかどうかわからないけど、朝からヨーグルトをたっぷり食べていたのをやめ、ご飯と納豆と味噌汁、とかに切り替える。
肉もやめて魚にした。
(もともと肉は食べないが、赤ん坊のために無理に食べていたから食べなくて済んでほっとした)
おなかがすいたら、とにかくカロリー補給!とばかりにケーキやらバームクーヘンやらクッキーやら甘いものを食べまくっていたのをやめて、ごはんを食べることにした。

そのせいか分からないけど、3人目の乳児湿疹はぶり返すことはなかった。
少なくともレスタミンコーチゾンを塗るほどまではならず、ぽつっと目の周りに汗によって出ても、お風呂でアトピーっ子にも使える石鹸でしっかり洗ってあげると、消えてしまう。

赤ん坊って肌に関わらず、治るのも早ければ悪化するのも早い。
だから赤ん坊の場合、早めの判断が大切になる。早めに疑わしければ病院に行くという事がとても大切なことである。

というわけで、3人目は、湿疹が出たら薬で抑え、きれいになったところでスキンケア。
で一応健康な肌を維持できている。

ところがある日、なんと霜降りステーキを頂いた。せっかくだから頂こうと思い、成人の量の半分(薬を表現してるみたいだわ)を食べました。
油がこってりのっていて「うわー、こんなもの毎日食べてたら病気になりそう」と思いながら人間の欲望の寂しさを垣間見た気がしたものの、すっかりおいしく頂きました<おいおい
たまには、いいでしょう。毎日食べてたら本当に病気になること間違いなし。油が多すぎて。

で、3人目の子に湿疹は出ないから皮膚そのものが丈夫になってきたのかな?と思っていた。

ところが!約1.5日後。頭に脂漏性湿疹というのだろうか、びっしり脂肪のカスのような黄色いものがついてる。これがウワサの脂漏性湿疹!!確か一人目を生んだ頃、友達の子がもっと酷いのになってたわ!と思い出し、「ひっかくと悪化する」と聞いていたが、わりと簡単にぼろぼろとはがれるので、クシでひっかきながら髪をすくようにして取り去る事2日。
(もちろん、その間乳製品や肉は断っていました<極端なのよ)
物凄い量の「フケ」。

すっかり取り去った後は全く出なかった。出たのは一度だけという事だ。しかも物凄い量である。もう一度実験する気にはなれないけど、たぶん、あの油ギトギトの霜降りステーキのせいではないかと思っている。

一人目は母乳の質まで気にしていると気が狂いそうだったので、あまり気にせず好きなものを食べて育て、二人目はうっかり悪化させて直りにくくしてしまい母乳にまで気が回らず、三人目でようやく母乳に気を遣うことが自然に出来る様になったのだが、母乳にいいものを食べていると、健康健康!なのです。

色々、3人目になってようやく観察する余裕が出てきて、人間の神秘、いえ、生き物の神秘を、大自然の命というシステムの深さに畏敬を感じる毎日なのです。
このおっぱいだけで3キロあまりの子が5キロをすぐに超えてしまうことも、凄いし、何もかもが・・・素晴らしい。

おっぱいでらくらくすくすく育児―母乳の方が楽だった?!
おっぱいでらくらくすくすく育児―母乳の方が楽だった?!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
脱皮。
平成18年8月27日 赤子のポロポロしていた皮膚が キレイに取れて、羨ましい位   ツルツルなお肌に!! ...続きを見る
ただ今三人家族♪,乳児湿疹
2007/12/04 20:36

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
乳児湿疹 宮乃/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる